HOME

東京のマンスリーマンションを利用といえばどんな時?

多くの人が住む東京には、居住用の通常の賃貸マンションも沢山ありますが月極めで利用できるマンスリーマンションも多いです。マンスリーマンションの利用者には、法人と個人の両方があり、各々様々な目的のため、マンスリーマンションを上手く活用しています。
例えば法人であれば、東京の家賃を払うのが難しい若手社員のために、マンスリーマンションを社宅として借り上げする場合があります。東京に中長期の出張で滞在する社員が多い企業の場合は、出張社員向けの滞在施設として活用することも出来ます。自分の会社でもこのような用途でマンスリーマンションを使ってみたいと思うなら、不動産業者へ相談してみるといいでしょう。
また、個人で東京のマンスリーマンションを利用するのは、例えば、東京でじっくり転職活動をしたい人や、東京都内や近郊の学校を複数受験する受験生とその家族といったケースです。他に、自宅のリフォーム中の仮住まいとして利用する人もいれば、業務繁忙期に寝泊まりする場所として、勤務先に近く通勤しなくて済むところのマンスリーマンションを利用する人もいます。
長い契約期間に縛られることなく、必要な時に必要な期間だけ契約できる便利なマンスリーマンション。経済的な上に住み心地がいい物件も多いので、是非様々なシーンで活用しましょう。

東京のマンスリーマンションの予約をするときの要チェック事項

東京のマンスリーマンションを予約する際、物件の仕様や利用料金、空き室状況などは、インターネットで確認できることが多いです。しかし、東京のマンスリーマンションの利用に不慣れな場合は、予約時に十分に注意すべきチェックポイントがあります。ネットの情報で確認しきれない場合は、遠慮なくそのマンスリーマンションを運営している不動産業者へ相談するのがおすすめです。
まず、物件に備え付けてある家電と家具、そして備品類の内容は、できれば全アイテムのリストを確認するのが望ましいです。家具備品の類は、必要なものと不要なものの個人差が大きく、入居前にリストを確認できれば、個人的に絶対に必要な備品等がない場合、東京への移動時に予め購入して持参することが出来ます。
賃料に関しては、内訳を明示している業者の物件を選ぶ方がいいです。光熱水費や退室後の物件の清掃費用などすべて込みの賃料と思っていたら、実費を別途請求されたなどということになると困ってしまいます。内訳を確認すると同時に、追加料金が発生するのはどのような場合か、具体的な例についても確認しておきましょう。
また、中途解約した場合の違約金についても要チェックです。これは、業者により対応が異なるため、よく確認して違約金の支払いが発生しないように注意しましょう。

クオリティとコストのバランスがいい東京のマンスリーマンション

新卒の一括採用を行っている会社では、東京本社に新卒者全員を集めての集合研修は例年の一大イベントでしょう。ホールや自習室、宿泊部屋などを備えた研修に特化した自社施設を保有している場合はともかく、そうでない場合は、大勢の新卒社員のために、東京の宿泊場所を用意しなければなりません。会社によっては、各自にホテルの手配を任せるところもありますが、コスト削減を考慮に入れるなら、東京に沢山あるマンスリーマンションを、こういった機会にこそ役立ててみてはいかがでしょうか。
研修が1か月を超える場合は、一般のホテルを利用するよりもマンスリーマンションを使う方がコスパは抜群にいいでしょう。ホテル利用でコストを抑えようとすると、ひどく安いところを使うしかなくなりますが、そうなると滞在中の生活のクオリティが低すぎて、新卒の社員たちのモチベーションに悪い影響が出る心配があります。滞在期間が長くなればなるほど、コストとクオリティのバランスという点で、マンスリーマンションの優位性が明確になります。
新卒者がマンスリーマンションを利用する場合、一度に大勢の人数を受け入れてもらうことになるため、管理している不動産業者へ相談して、混乱のないよう準備を整えておきましょう。

Contents

マンスリーマンションを契約する上でしっておきたい基礎知識

くつろぐ女性

マンスリーマンションは一般的な賃貸物件とは異なる点が多くあります。無駄な時…

初心者必見!マンスリーマンションで無料で用意されているもの

マンション外観

初めてマンスリーマンションを利用する方は、部屋にどの様な設備が設置されてい…

せっかくならおしゃれに!マンスリーマンション選びのポイント

マグカップ

マンスリーマンションの物件数は日本全国に数万件規模で展開をされています。特…